難病告知をきっかけに糖質制限ダイエットに挑戦

私は数年前から片側の手足の動きが悪くなり、いくつかの病院の神経内科を周り、大脳皮質基底核変性症という難病の告知を受けてしまいました。現在は左足をひきずっているために、それをかばっている右足にも痛みが出てきています。そこで膝への負担を少しでも軽くするためにダイエットをすることにしました。

そこで、脂っこい食事や炭水化物に含まれる糖質を制限する低糖質ダイエットを実施してみました。これは、炭水化物=糖質+食物繊維ですので、食物繊維を摂取しつつ糖質を制限することです。私自身は糖質たっぷりの小麦で出来たパン系の食事・おやつがとても好きなので、それに代わるものがないかと思っていたところ、あるコンビニで最近売り出された低糖質パンを見つけました。もともと糖質成分の少ない小麦の皮の部分を使ったパンで、通常の小麦粉を使ったパンよりも、タンパク質・ビタミン・ミネラル・食物繊維が豊富です。朝食に必ず食べていたバターたっぷりの普通の食パンをこの低糖質パンに変更してみました。更に、昼食・夕食時の麺類やお米を半分から1/3に減らしてみました。減らした分は肉や魚、野菜類を増やしたので食べる量はさほど変わらず、ダイエットによるストレスをほとんど感じることはありませんでした。ゆっくり1年を掛けて確実にダイエットしていき、63kgあった体重が58kgまで減らすことに成功しました。

難病告知をきっかけに糖質制限ダイエットに挑戦 はコメントを受け付けていません。

Filed under 未分類

Comments are closed.